『L'Equipe』は27日、「トゥールーズのサポーターグループは、PSGとのホームゲームで応援をボイコットする方針である」と報じた。

今季途中に日本代表DF昌子源が加入したトゥールーズ。今週末の31日にはホームでPSGとのビッグマッチを控えている。

もちろんトゥールーズとしては多くの集客が見込める試合であり、チケットの価格がかなり高く設定された。

3万1000席のうち2万4000席が販売されたが、そのチケット価格は70~120ユーロ(およそ9000~1万5000円)に設定されており、昨年の最大45ユーロ(およそ5800円)を大きく超えるものになったそう。

そこで、トゥールーズの主要サポーターグループの一つである『Indians Tolosa』はこの価格設定に対して反対の意思を示し、ホームゲームでの応援ボイコットを宣言したのだ。

【関連記事】昌子源も続け?トゥールーズが生んだ9名の「世界的スター選手」たち

現地では日曜日の午後9時という時間にキックオフされるトゥールーズ対PSG。そのスタジアムは、地元チームの背中を最大限に押すことができる雰囲気になるのだろうか?