インターナショナルブレイクが終わり、再開になったプレミアリーグ。第32節、マンチェスター・ユナイテッドはホームでのワトフォード戦に2-1で勝利した。

 

そうした中、この試合に先発したワトフォードFWジェラール・デウロフェウが秘かに話題になっているようだ。

彼はこの時期に長袖のアンダーシャツとアンダータイツを着用している。だが、タイツがユニフォームの色と異なっていた。

そのため、試合が始まっているにもかかわらず、ピッチ外でタイツをカットさせられるはめになったとか。

この日は緑のアウェイユニだったワトフォードだが、デウロフェウは黒のタイツを履いていた(下記画像は別試合のもの)。

この処置のためにチームは一時的に10人で戦うはめになったというが、試合前に指摘されなかったのだろうか…。

【関連記事】同系色コーデ!「ユニフォーム+スパイク」の美しい着こなし方

現在10位のワトフォード。『BBC』によれば、ハビ・ガルシア監督は試合後にこう述べていたそう。

ハビ・ガルシア(ワトフォード監督)

「とてもいいパフォーマンスだったと思う。だが、結果は悪かった。

前半のチャンスをいかせなかったね。

試合を支配していたのは我々だったし、ポゼッションでも上回り、より多くのチャンスも作った。

だが、得点できず、相手にやられてしまった」

プレミア見るならDAZN!無料登録はこちら

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら