マウリツィオ・サッリ監督のもとでトップ4入りを目指すチェルシー。

プレミアリーグ第35節ではバーンリーと2-2で引き分け、勝点2を逃してしまった。

ここでは、『90min』などを参考にして、「チェルシーが獲得すべき選手たち」を調べてみた。ただ、FIFAからの補強禁止処分が猶予されればという大前提ではある。

【関連記事】「チェルシー、昨夏に獲り逃がした4人の選手」

エディンソン・カバーニ(PSG)

エディンソン・カバーニ

チェルシーが正統派FWを欠いているのは疑いようのない事実だ。エデン・アザールもジエゴ・コスタが恋しいと嘆いていたほど。

冬にはアルバロ・モラタを放出する代わりに、サッリ監督の愛弟子ゴンサロ・イグアインを獲得したが、期待に応えているとは言い難い。

センターフォワードとして全てを兼ね備えるカバーニならば、間違いなくアップグレードになるはずだ。

32歳になった彼とPSGとの契約は2020年までとなっており、それが更新される気配はない。パリとしては適正額ならオファーを受け入れるとされており、獲るなら今かもしれない。

なお、カバーニがナポリにいたのは2013年までで、2015年にナポリ入りしたサッリ監督とはすれ違っている。