フランス・リーグアンのスタッド・ランスは、1959年6月3日に行われたチャンピオンズカップ決勝から60周年を記念してペナントを再販した。

スタッド・ランスといえば、かつてはレイモン・コパやジュスト・フォンテーヌを擁して欧州の頂点に近づいたことで知られる古豪。

チャンピオンズリーグの前身に当たるチャンピオンズカップの初大会となった56年、そして59年に決勝へと進出し、ともにレアル・マドリーと対戦して敗れている。

そして今回スタッド・ランスは1959年の決勝から60周年を記念し、その際にレアル・マドリーの主将ホセ・マリア・サラーガと交換したペナントを復刻することを決めたのだ。そのためにレアル・マドリーのミュージアムと協力し、当時のオリジナルにより近いものを作ったという。

これはスタッド・ランスのオフィシャルサイトで限定250セットのみ販売されるという超貴重なグッズ。スタッド・ランスのロゴも当時のものが使われており、このために特別に許可を得たという。

【関連記事】UEFAチャンピオンズリーグ再開!期待の“新戦力”TOP7

スタッド・ランスのファンだけでなく、レアル・マドリーのサポーターにとっても貴重なものだ。価格は49.90ユーロ(およそ6200円)となっているぞ。