今年8月をもって現役を引退することを発表した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス。

そのトーレスはリヴァプール時代に数々の神プレーを披露した。

今再び話題になっているのが、この伝説的神業だ!

このターンは神…!

これは、2008-2009シーズンのUEFAチャンピオンズリーグ・ラウンド16でのレアル・マドリー戦でのプレー。

スティーヴン・ジェラードのパスを受けたトーレスはファンタジー溢れる絶妙なタッチでDFファビオ・カンナヴァーロを一瞬で置き去りに!

カンナヴァーロはかつて世界最強と謳われたCB。実は少しボールに触れているのだが対応しきれず…。

ただ、完璧なプレーを見せたトーレスのシュートはイケル・カシージャスの足に阻止されてしまった。

【関連記事】フェルナンド・トーレス、リヴァプール時代の「伝説的神ボレー」はこれ!

トーレスの神プレーを神セーブで阻止したカシージャス。引退を表明したトーレスには「一緒に過ごした素晴らしい時間をありがとう。あなたがサッカーに与えたものすべてを誇りに思う。新しいステージでの幸運を祈っているよ、ニーニョ!」などというメッセージを送っている。