リヴァプールとの契約を2022年まで残しているユルゲン・クロップ監督。

昨季はチームをUEFAチャンピオンズリーグ優勝に導くなど結果を残しており、その情熱を感じさせる振る舞いも大きな人気を集めている。

UEFAチャンピオンズリーグ決勝の後に見られたクロップの行動がまとめられるほどの人気を誇っている。

しかし『Gianluca di marzio』によれば、今回『Bild』のシーズン最優秀監督賞を受け取った後、こんなふうに話したという。

「私はこのように続けていきたいと思っているが、2~3年後は何が起こるかわからないよ。

もしかしたら、引退しているかもしれない。それが起こるだろうという意味ではないが、もしそうなっても驚きではないね」

「やりたいと思う順序で言えば、ドイツ代表、バイエルン、ドルトムント、そしてリヴァプールでキャリアを終えること。特に考えていないよ、何をするかはわからないさ」

リヴァプールとの契約交渉を現在保留していると言われているクロップ氏。数年後は何をしているのだろうか?