今夏フィオレンティーナへと移籍し、36歳にしてセリエAに参戦したフランク・リベリ。

第4節アタランタ戦で待望の初ゴールを決めた。その瞬間がこれ!(以下動画1分19秒~)

フェデリコ・キエーザが高い位置でボールを奪うと中央へクロス。リベリはこれをスライディングボレーで流し込みゴールを陥れた。

パス1本で得点を奪うとは、何と効率的なカウンター!冷静にシュートを沈めたリベリは、熱い膝滑りセレブレーションも披露していた。

だが、フィオレンティーナは終了まで5分という時間帯から痛恨の2失点。2-2の引き分けに終わり、今季初勝利ならず。

チームは最下位に沈むなか、モンテッラ監督は「並外れている。トレーニングに始まり、ロッカールーム内に至るまで」とリベリについては讃えていた。