欧州各地で行われているEURO予選。いまだ無敗のスペインは敵地でノルウェーと対戦した。

この試合でセルヒオ・ラモスはスペイン代表史上最多キャップ(168試合)を樹立。 

また、『AS』などによれば、この日のスタメンは歴史的なものになったという。

代表99年目、699試合目にして、初めて全員異なるチームに所属する11人が先発起用されたのだ。その顔触れがこれ。

GK:ケパ(チェルシー)

DF:ヘスス・ナバス(セビージャ)

DF:ラウール・アルビオル(ビジャレアル)

DF:セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)

DF:フアン・ベルナト(PSG)

MF:ファビアン・ルイス(ナポリ)

MF:セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)

MF:サウール・ニゲス(アトレティコ・マドリー)

MF:ダニ・セバージョス(アーセナル)

FW:ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)

FW:ロドリゴ・モレノ(バレンシア)

レアルとバルサという2強が君臨してきたスペインだけに、11人全員が異なるチームに所属していたことはこれまでなかったそう。

なお、セバージョスはレアルが保有する選手だが、現在はアーセナルにローンされている。