マリティモの前田大然がポルトガルリーグ3点目となるゴールを決めた。第13節サンタクララ戦に先発出場すると、前半5分にPKを沈めた。

その得点シーンや惜しかったチャンスシーンを映像で見てみる。

PKは以下動画5秒~、左サイドを完全フリーで抜け出したシーンは30秒~、快足を見せてスルーパスに抜け出して裏をとったシーンは57秒~。

PKはGKの逆を突く冷静なキックでゴールゲット!

その直後に訪れた完全フリーの場面ではややプレーに迷ったのかシュートはGK正面…。そして、驚異的なスピードでゴールに迫った場面はGKのセーブに阻まれてしまった。

あのファーストタッチでもボールに追い付いてしまえる速さは圧巻だが、こういうシーンを確実に仕留められるようになれれば、もう一段階レベルアップできるはず。

試合はマリティモが後半アディショナルタイムに追いつき、2-2の引き分けで終了。

これで9試合連続未勝利(5分4敗)となるなか、ジョゼ・ゴメス新監督は「選手たちは相手の最終ラインを破る戦術をよく理解してくれた。得点したし、チャンスもあった。もしそれを決めていれば、前半で試合を決められていた」とこぼしていたそう。