今年行われたCONCACAFゴールドカップにトリニダード・トバゴ代表の「9番」として出場したFWシャードン・ウィンチェスターが事故死した。

『Daily Mail』によれば、トリニダード・トバゴの高速道路で男性3人、女性1人が乗ったニッサン・エクストレイルが交通事故を起こした。

電柱に衝突した車は炎上し、乗員4名全員が死亡。その1人がウィンチェスターであることが判明したとのこと。

シャードン・ウィンチェスターは1992年生まれの享年27歳。17歳でプロデビューを果たし、フィンランドやメキシコ、ベトナム、アゼルバイジャンなどでプレーしたストライカーだった。

トリニダード・トバゴ代表には18歳から名を連ねており、これまで23試合に出場し6ゴールを決めている。

なお、6月に行われた日本代表との親善試合にもメンバー入りしていたが、出場はしていなかった。