プレミアリーグ第24節、チェルシー対アーセナルのダービーマッチがスタンフォード・ブリッジで行われた。

アーセナルは前半26分という時間帯でDFダヴィド・ルイスを一発退場で失うことに。そのきっかけとなったDFシュコドラン・ムスタフィの痛恨ミスがこれ(以下動画21秒~)。

これはひどい…。

土壇場の劇的ゴールで2-2の引き分けに持ち込んだアーセナルだが、退場になったルイス以上にムスタフィには批判が寄せられている。『BT Sport』で解説していたレジェンド陣からも袋叩きに…。

マーティン・キーオン(元アーセナルDF)

「ダヴィド・ルイスも素晴らしくはないが、ムスタフィに迷惑させられている彼には同情する。

彼(ミケル・アルテタ監督)はすぐに移籍市場でトップのCBを連れてこなければいけない」

リオ・ファーディナンド(元マンチェスター・ユナイテッドDF)

「アーセナルが一貫性のあるいいCBを買ったのはいつが最後?

コシェルニーが最後だったが、彼はひどい怪我によって一貫性がなくなってしまった。

彼らは何年も適切なCBを獲れていない。

アルテタを気の毒に思う、ムスタフィを起用し続けなくてはいけないことにね。

私は彼がいいパフォーマンスをするのを見たことがない。ミスにミスを重ねている」

ジョー・コール(元チェルシー&リヴァプールMF)

「アルテタが気の毒だ。彼はポゼッションでプレーする組織されたチームでプレーしたいと思っている。

だが、ダヴィド・ルイスとムスタフィがCBで、彼らがやる様なミスをするなら…試合には勝てない。

もうずっとアーセナルは毎年のようにCBを入れ替えてミスを犯し続けている。もう10年だ」

さすがに擁護できないということか…。