2019シーズン、明治安田生命J1リーグで6位に終わったサンフレッチェ広島。

開幕から5勝2分とスタートダッシュを切りながら終盤に失速。最後は優勝争いに絡むことができなかった。

そうしたなか、チームで一番ともいえる飛躍を見せたのがGK大迫敬介だ。

大迫敬介

19歳の若さで先発に定着すると、果敢さに加え10代とは思えない安定感でリーグ戦29試合に出場。5月にはA代表へ招集され、コパ・アメリカに参戦、チリ戦で初キャップを飾った。

2020シーズンの広島では中心選手としての活躍が期待される大迫。東京五輪に向けた日本代表でも楽しみな20歳の守護神に話を聞いた。

ミスを恐れず、トライしつづける

――昨年一年は様々なことがありました。リーグ戦では特に、5月の浦和レッズ戦(※アウェイで4-0勝利)が大迫選手にとってキーになった試合だったように思います。

相手GKの西川周作選手には昔から憧れていましたし、そういった選手とピッチで対戦できて、とても楽しかったです。埼玉スタジアム2002の素晴らしいピッチで戦えたことも誇りに思います。

あの試合で完封勝利できたこと、そして自分のパフォーマンスも悪くなかったので、すごく自信になったゲームの一つではあるかなと思います。