今冬のマーケットで中国から元ナイジェリア代表FWオディオン・イガロを期限付き移籍で獲得したマンチェスター・ユナイテッド。

「サプライズ移籍」と懐疑的な評価もされたものの、彼はいきなり8試合で4ゴールと活躍を見せている。ELのLASKリンツ戦ではこんなオシャレなリフティングからのゴールも!

『Daily Mail』によれば、イガロの契約は5月31日までという異例のものになっており、買い取るならばそれまでに1500万ポンド(およそ19.6億円)を支払う約束をする必要があるそう。

また、『Le10 Sport』の報道によれば、ユナイテッドはイガロに加えてさらにナイジェリア人のFWを加える意思があるとか。

それはリールに所属している21歳のFWヴィクター・オシメーン。

今季38試合に出場して18ゴールを決めるなど高い個人能力を見せつけており、多くのクラブから注目を集めているタレントだ。

レアル・マドリーも彼の獲得を検討していると伝えられているが、ユナイテッドは彼を夏のマーケットにおける最優先補強として考えているとも…。