イングランド・プレミアリーグのトッテナムは、1名がが新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと発表した。

再開が近づいているイングランド・プレミアリーグ。選手やスタッフには定期的な検査が行なわれており、今回が5回目となった。

20のクラブで1197名がその検査を受け、今回は陽性反応を示したのはわずか1名。それがトッテナムの人物であったとのこと。

クラブの発表ではその人物の名前は明かされていないが、すでに当該の者が7日間の自己隔離に入っているという。

また『Guardian』のレポートでは「それは主要な選手ではない」とのことで、クラブ全体の動きに大きな影響はないようだ。

なお、プレミアリーグではこれまで5073回のテストが行なわれており、13名に新型コロナウイルスの感染が確認されている。

今のところリーグの再開スケジュールについては変更なく、6月17日から試合が行なわれ、7月26日までにシーズンが終了する予定となっている。

トッテナムはこの中断期間でハリー・ケインとソン・フンミンの前線コンビが怪我から復帰。練習でなかなかのキレを見せている様子が動画として配信されている。

主要選手の怪我に苦しんできたトッテナムは、この新型コロナウイルスでの中断を友好的に活用できたクラブの一つだといえる。

【関連記事】「育成のトッテナム」下部組織の出身者、今5大リーグでプレーする15名

プレミアリーグ再開後の日程はまだ暫定的なものであるが、トッテナムは19日~22日にいきなりマンチェスター・ユナイテッドとの「モウリーニョダービー」を戦うこととなる。