かつてJリーグでプレーしていた元ブラジル代表FWフッキは7月25日で34歳になった。

2016年からプレーしてきた上海上港との契約は今年限りで満了になるが、それを更新しないことをすでに明言している。

『Record』によれば、フッキは1月に古巣へ復帰することを希望しているという。そのクラブはポルト。

すでにポルトのピント・ダコスタ会長もフッキの復帰願望を把握済みだそう。

ポルトでキャリア最多の169試合に出場したフッキは、ベンフィカとのクラシコでこんなとんでもない弾丸シュートをぶち込んでいる(以下動画10秒~)。

時速108kmの爆裂シュート!これはエグすぎる…。

【関連記事】Jリーグを経由してセレソン入りした9名のブラジル人

2018年にはポルトに家を建てていることも明かしたフッキ。来年1月からポルトで中島翔哉との元ヴェルディコンビを結成することはあるのだろうか。