今季エメリク・ラポルトの怪我もあって最終ラインの人選に苦しんだマンチェスター・シティ。フェルナンジーニョのセンターバック起用も多かった。

しかし『BBC』など各メディアが報じたところによれば、シティは既に新しいセンターバックの獲得に成功しているようだ。

マンチェスター・シティが合意に至ったというのが、ボーンマスに所属している25歳のオランダ代表DFナタン・アケ。

移籍金についてはおよそ4000万ポンド(およそ54.9億円)となっており、そこに最大100万ポンドのボーナスが加えられるとのこと。

ナタン・アケは2011年にフェイエノールトからチェルシーに加入した選手で、レディング、ワトフォード、ボーンマスへと貸し出された後に完全移籍していた。

契約にはチェルシーが行使できる買い戻し条項が付随していたと伝えられているが、なんとタイトルを争うマンチェスター・シティが急速接近したようだ。

クラブがまとめたアケのプレー集がこれだ。

後方からパスを出せる能力に加え、空中戦やセットプレー時の得点力にも優れていると評価される。マンチェスター・シティのプレーにも合致しやすいのではないか?と考えられているそう。

【関連記事】この夏、マンチェスター・シティを退団するかもしれない7名

マンチェスター・シティは他にもバレンシアのFWフェラン・トーレスを2000万ポンド(およそ27.4億円)で獲得する可能性が高まっているとのこと。リーグタイトル奪還に向け、激しい動きを見せている。