14日にはUEFAチャンピオンズリーグのベスト8でバイエルン・ミュンヘンと対戦する予定となっているバルセロナ。

警戒すべきは今季公式戦53ゴールを決めてきたFWロベルト・レヴァンドフスキであると予想されている。ブンデスリーガでのゴール集がこれ。

31歳にして絶好調!チャンピオンズリーグだけで13ゴールを決め、目下得点ランキングを独走しているのだ。

『BT Sports』によれば、レヴァンドフスキについて聞かれたバルセロナのキケ・セティエン監督は、以下のように話したそう。

キケ・セティエン

「レヴァンドフスキは素晴らしい選手だが、レオ(メッシ)のレベルにはないと思う。それは明白だ。

彼が素晴らしい時間を過ごしているのは間違いない。チャンピオンズリーグで13ゴールを決め、周りのチームメイトからいいアシストをもらっている。

しかし、レオも同じく素晴らしい時間を過ごしている。ナポリ戦で見せたようにね。

これらの選手がピッチにいるのはいいことだ。我々は彼らのプレーを楽しむことが出来る。

もちろんレオ・メッシはこの試合の勝利に貢献できるが、私は常にチームに強さを信じている。メッシを助け、ボールを渡す必要がある」

それでもレヴァンドフスキよりリオネル・メッシのほうが上…と自信を見せたそう。

【関連記事】「グアルディオラが見込んだのに消えた」バイエルンの天才6名

なお、バルセロナはこの試合からウスマヌ・デンベレが復帰する予定。昨年11月以来怪我に苦しめられてきた彼のプレーにも注目が集まっている。