レッドブル・グループが経営に参加しているクラブの一つとして知られるRBライプツィヒ。

13日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのベスト8でアトレティコ・マドリーと対戦し、2-1で勝利を収めることに成功した。

後半5分に決まった先制ゴールがこれ!

ドイツ代表DFハルシュテンベルクがゆるゆると仕掛けたところからスタートし、ポウルセンがポストになって展開。

さらにカンプルとライマーを経由して右サイドに繋がり、さらにワンタッチで入ってきたクロスをダニ・オルモ!

この見事な崩しでアトレティコ・マドリーの守備をこじ開けたRBライプツィヒは、その後追いつかれるも88分に再びゴール。試合終了間際に突き放し、ベスト4進出を成し遂げている。

【関連記事】欧州5大リーグ、今季「最もチャンスを作った男」TOP10

なお、準決勝ではパリ・サンジェルマンとの対戦が決定しており、試合は18日に開催される予定だ。