パリ・サンジェルマンは3日、「チーム内から新たに3名の新型コロナウイルス陽性者が発生した」と発表した。

クラブからはその名前については明かされていないものの、『L'Equipe』によればそれはマルキーニョス、マウロ・イカルディ、そしてケイロル・ナバスであるとのこと。

PSGは先日すでにネイマール、アンヘル・ディ・マリア、レアンドロ・パレデスの感染が確認されていた。

この6名も、新型コロナウイルスが蔓延していたというイビサ島で数日バカンスを行っていたとのことで、そこで感染したのではないかと考えられている。

すでにリーグアンは開幕しているが、PSGはチャンピオンズリーグ決勝を戦っていることからその試合は延期となっている。

バイエルンとの試合は激しいものだったが、惜しくも敗戦…トロフィーを掲げるのを傍らから見守ることになった。

PSGの初戦は9月10日のRCランス戦、そして13日にはマルセイユとのフランス・ダービーも予定されている。

【関連記事】サッと見れる!欧州ビッグクラブ「2020-21ホームユニフォーム」まとめ

感染した6選手は現在隔離されているとのことで、これらの試合に出場できるかどうかは不透明な状況だ。