10月9日に発売が予定されている人気サッカーゲームシリーズの最新作「FIFA21」。これまで以上にリアルでゴージャスな試合が楽しめると話題になっている。そのトレーラー映像がこれ。

正式な発売は9日であるが、ただ「チャンピオンズエディション」または「アルティメットエディション」を事前購入しているユーザーには「アーリーアクセス」という特典があり、10月6日からのプレーが可能になっていた。

ところが『Mirror』によれば、このアーリーアクセス対象だったユーザーが「10月5日からプレーできる」という不具合があったという。

これはXBOX ONEでのみ発見されたもの。コンソールの設定で地域を「ニュージーランド」にすることで、世界で最も早く6日を迎える場所の時間からプレーできたというのだ。

ニュージーランドは世界標準時からプラス13時間という場所。ヨーロッパからは数時間早く6日を迎えていた。その手順はこれだった。

  1. 設定でXBOXの地域をニュージーランドにする
  2. XBOXを再起動する
  3. FIFA21をプレー
  4. 設定でXBOXの地域を戻す

コツは「すぐに実際の場所に戻すこと」であったとか。

ただ、『EA Play』のサブスクリプションサービスに登録しているユーザーは10月1日から10時間の試用期間が与えられているため、そこまで大きなメリットにはならないが…。

【関連記事】巨大サッカーゲームで「超すごい若手」だったが、現実で伸びなかった10名

『FIFA21』は日本でも10月9日にリリースされる予定だ。ただ、今「チャンピオンズエディション」または「アルティメットエディション」を購入すれば、すぐにプレーすることが可能になるぞ。