ポルトでの2年目を迎えた中島翔哉。1部リーグ第5節ジウ・ヴィセンテ戦で今季初めて先発起用されると、前半41分に決勝ゴールをアシストするなど活躍を見せた。

ボックス内でボールを受けた中島はどんぴしゃの左足クロスでアシスト!ただ、よく見ると相手に当たっていたかもしれない。

中島のアシストでゴールしたエヴァニウソンは21歳のブラジル人FW。リーグ戦初出場で移籍後初ゴールを決めた後には中島のスパイクを磨くセレブレーションで感謝を示していた。

『A Bola』によれば、エヴァニウソンは「間違いなく自分にとって重要な1週間だった。CLでのポルトデビューにU-23ブラジル代表への招集…今日の試合もとても嬉しかったよ。序盤は相手DFを突破するのがやや難しかったけれど、僕らはチャンスを作り出したし、チームワークがとても重要だった」と喜んでいたそう。

後半にはGKの不意を突く際どいシュートで初ゴールに迫る場面もあった中島は後半34分までプレー。試合はポルトが1-0で勝利している。

なお、ジウ・ヴィセンテの藤本寛也は後半40分から出場した。