CLでは開幕2連勝を飾ったマンチェスター・ユナイテッド。ただ、プレミアリーグではアーセナルに敗れてしまった。

そうしたなか、かつてユナイテッドでコーチを務めたレネ・メウレンステーン氏の発言が話題になっている。『Stadium Astro』でこう述べていたという。

レネ・メウレンステーン

「私からすれば、彼は十分なハードワークをしていない。ずっとそうだ。

あまりにスローで、のろのろしている。他チームがそこを突くことができる。

彼は非常に才能ある選手だ。誰もが話題にし続けている、彼はワールドクラスだと。

私はそんなに容易くワールドクラス(という言葉)を使うことはない。ワールドクラスと賞賛されるべき過去と現在の選手たちのことを知っているからね。

ポールは少しも(ワールドクラスに)値しないと思う。期待に応えていないからね」

ハードワークの観点からすると大いに不満があるということのようだ。

今季のポグバはゴール前の緩慢プレーから失点を献上するシーンもあった(以下動画45秒~)。

これは痛恨…。

メウレンステーンは2007~2013年までユナイテッドに在籍し、サー・アレックス・ファーガソンに仕えた人物である。