欧州各地で行われているUEFAネーションズリーグ。UEFAはスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが欧州史上最多代表キャップ選手になったと伝えた。

スイス戦に先発したラモスは代表出場試合数が177に到達。イタリア代表GKジャンルイージ・ブッフォンの176試合を抜き、歴代1位になった。なお、世界記録は元エジプト代表アハマド・ハッサンが持つ184キャップ。

ただ、ラモスはそのスイス戦でPKを2本失敗。57分と80分に訪れたチャンスはいずれもGKヤン・ゾマーにセーブされてしまった。

スペインは終了間際にジェラール・モレノが劇的な同点ゴールを決めて、なんとか1-1の引き分けに持ち込んだ。もし負けていれば、ラモスは戦犯扱いされていたかもしれない…。

【関連記事】「なぜかPKの成功率が低い」7名のスーパーストライカーたち

PKの名手として知られるラモス。スイス戦までは25本連続で成功させていたとか。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

★ 久保建英が決めた!海外日本人選手の最新ゴールはこちら ★