プレミアリーグ王者として今季を戦っているリヴァプールだが、多くの怪我人に見舞われる苦しい状況になっている。

そうしたなか、ユルゲン・クロップ監督は『Daily Mail』のインタビューでこんな発言をしていた。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「フィルヒル・ファンダイクの場合、(怪我は)試合のインテンシティによるものではなかった。

ひとりの人間(エヴァートンGKジョーダン・ピックフォード)のおかしな決断のせいで、対応が難しかった。

Joey(ジョー・ゴメス)の場合は間違いなく今シーズンのインテンシティのせいだった。

これは我々が心配する必要があるものだ。これは言い訳ではなく、単なる説明だ」

右膝の靭帯を損傷したファンダイクは今季絶望とされている。その問題のタックルシーンではファンダイクは苦痛に顔を歪めていた(以下動画1分10秒~)。

右膝が逆に曲がる…。

クロップ監督はあらためてピックフォードのプレー判断を批判していたようだ。