今季正式にアーセナルに加わった19歳のDFウィリアン・サリバ。ただ、トップチームでは1試合もプレーせず、ニースへローン移籍した。リーグアンに戻ってきた彼は早速ブレスト戦にフル出場している。

『Independent』などによれば、サリバは記者会見の場でミケル・アルテタ監督について触れたという。

「監督からはすぐに君は準備ができていないと言われた。最低でも自分のリズムを取り戻すチャンスを貰いたかった。でも、これもサッカーだ。そういうものさ」と述べていたそう。

【写真】「アーセナルが手放した13人の逸材と、彼らのその後」

また、練習が足りていなかったことで親善試合でも苦しみ、厳しい6ヵ月になったとも口にしていたとか。本人もフィジカルが最高の状態ではなかったと認めていたようだ。