守備陣に多くの離脱者が出ているリヴァプールは移籍期限最終日に2人のDFを補強した。

膝の前十字靭帯を損傷したフィルヒル・ファンダイクについては、今季ふたたびプレーする可能性は低いようだ。 

ユルゲン・クロップ監督はプレミアリーグとUEFAチャンピオンズリーグの登録リストに彼を載せるかもしれないとしつつ、復帰は絶望的だと述べた。

ユルゲン・クロップ(リヴァプール監督)

「フィルヒルには今季ふたたびプレーするチャンスがあると言ってきた医師はひとりもいない。

絶対不可能だとは言いたくないが、ありえそうにない。

可能性は低いので、そういうことを本気で話し合う必要はない。

(選手登録リストに)余裕がある場合、彼ら(ファンダイクとジョー・ゴメス)を載せるだろう。例え、メディカルスタッフからチャンスがないと言われてもね。

彼らを載せるのは、我々が時にミラクルを信じているからだ。

だが、もし余裕がなくてそれらを検討しなければいけない場合、チャンスはあまりないので決断を下さなければならない。

とはいえ、彼らがリストに載っている場合、それは我々がミラクルに近いことを望んでいるからだ」

【写真】リヴァプール、ファンダイクの代役にしたい8人のCB

また、DFジョエル・マティプも足首の靭帯を損傷。クロップ監督は「彼は来季のプレシーズンへの準備をするだろう」と述べており、今季もうプレーしない見込みだ。