昨年に引退した内田篤人は、DAZNの番組『Atsuto Uchida's FOOTBALL TIME』でMCを務めている。

この日は同じくDAZNで配信中の『やべっちスタジアム』に出演し、お笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之さんと対談。色々なぶっちゃけトークを展開してくれた。

「現役時代に長友佑都と殴り合った」という噂についてやべっちから聞かれるとこう明かしていた。

内田篤人

「いや、殴り合ってはいないな!ノー。殴られた!(笑)

殴られました。これは100%僕が悪い。

会見で長友さんとか本田(圭佑)さんが熱く言ってたんですよ、長く。

それを後でインタビューされて、どうでしたか、会見は?って言われて、『みんな長かったですね』(と答えた)。

っていうのを長友さんがたぶん聞いて…。

(矢部さんが茶化した感じにとられたと聞くと)そうそうそう、そうなんですよ。

長友さんは熱い思いを会見で言ってたんで、そこは本当に僕が悪かったなって。

真剣な顔で『言いたいことがあるなら俺に言って来い』って。

その後も別に普通ですからね、接し方というか。長友さんだからちゃんと言いに来たし、その後も普通に終わった。

殴り合いって…俺は殴れないですから!先輩はやっぱり」

【写真】「あの有名選手が味方とガチ喧嘩になった5つの事件簿」

会見についての意見を巡って、長友から詰問されたという内田。ただ、それはそこで解決し、その後の関係性には影響しなかったとのこと。