香川真司がプレーしていることで知られるギリシャリーグの2部で、とんでもないゴールが決まったと話題だ。

試合は6日に行われたAEカライスカキス対OFイエラペトラ。前半7分にカライスカキスのフランチェスコ・ロヴリッチが先制点を決めて迎えた20分だった。

右サイドからのクロスをイエラペトラのFWクリスティアン・クシュタが胸で受け、そのままアクロバティックなボレーシュート!

【動画】ふわっと浮かせた胸トラップからのシュート!見事すぎるぞ。

まるでズラタン・イブラヒモヴィッチが決めたゴール…いや、むしろイブラでも決めたことがないほどイブラっぽいシュートだ!

胸でのトラップで高く浮いたボールを、滞空時間の長いジャンピングボレー。このシュートセンス、只者ではないぞ。

なお、クシュタは65分にもゴールを決め、OFイエラペトラは3-2とAEカライスカキスを撃破している。

12チーム中最下位だったイエラペトラが3ポイントを奪取し、この結果11位だったAEカライスカキスが逆に最下位へと転落することになったぞ。

【厳選Qoly】本日初戦!U-23日本代表、パリ五輪出場を左右する「キープレーヤー」5名

日本人がケチャドバ!海外日本人選手の最新ゴールはこちら