ついに公のものになった欧州スーパーリーグ構想だが、各方面から大きな批判を浴びている。だが、マンチェスター・シティが正式に脱退を発表するなど、急転直下でトーンダウンしてきた。

『talkSPORT』によれば、創設メンバーとなる予定だった12クラブは、スーパーリーグ解散について話し合うという。

また、『Telegraph』のサム・ウォレス氏も「創設12クラブは計画からの“出口戦略”を模索している。関係者は『彼らはファン(の声)を聞いた』と述べている」とツイートしている。

『BBC』でも、「マンチェスター・シティはスーパーリーグ撤退、チェルシーもそれに続く見込み」と伝えた。

【動画】ガチの親日!ヴェンゲル、日本でのニコニコシーン

さらに、アーセン・ヴェンゲル氏も『beIN SPORTS』で「長く続かなかったことに驚きはない。これが実現するとは最初から全く信じていなかった。スポーツ的メリットの基本原則を無視していた。国内リーグを殺すことを無視するなら、ファンは絶対に受け入れない。当然だ」と述べたという。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】