プレミアリーグ第33節、リーズ対マンチェスター・ユナイテッドの宿敵バトルは0-0のスコアレスドローに終わった。

この試合前にオレ・グンナ―・スールシャール監督が語っていた発言が話題になっている。『ESPN』によれば、こう断言していたそう。

オレ・グンナ―・スールシャール(マンチェスター・ユナイテッド監督)

「0-0になることはない。0-0にはならないと保証できる。

両チームとも攻撃を好むし、できるだけ早く攻撃するからね」

攻撃サッカーを好むチーム同士の対戦だけにスコアレスはありえないと述べていたものの、結果はまさかの0-0だったのだ。

【動画】スールシャールの予言が大外れ…リーズ戦でのチャンスシーンまとめ

試合後のスールシャール監督は「サッカーで確かな保証などない。相手のマンマーキング、いつものようなハイプレッシングがなかった」とコメント。海外のファンも「リーズはいつものプレーじゃなかった」と反応していた。

一方、リーズのマルセロ・ビエルサ監督は「我々は多少はうまく守ったが、それによって支配できなかった。攻撃するのが難しかった」と述べていたとのこと。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら