5月2日に行われる予定であったマンチェスター・ユナイテッド対リヴァプールのビッグマッチは、試合開始前の混乱によって延期されることになった。

欧州スーパーリーグへの参加表明などを経て、クラブのオーナーであるグレイザー・ファミリーに対する反感が極めて高まっていた。

そしてユナイテッドのサポーターはこのリヴァプール戦の開始前に大規模な抗議活動に踏み切り、警官隊との衝突に発展。

一部のサポーターは警察による障壁を突破し、オールド・トラッフォードの内部に突入。その中で発煙筒を投げたり、備品を破壊するなどの行動に及んだ。

【動画】ピッチ内から撮影された映像も。ユナイテッドサポーターの抗議活動はこれまで以上に激しいものとなった。

また、ユナイテッドの選手たちが試合前日に宿泊するローリー・ホテルにもサポーターが集まり、数百人の壁によってチームの出発を阻止していたそう。

先々週土曜日の抗議活動ではおよそ1000人が集まっていたが、今回はその数倍の規模になったと考えられているという。

【U-24日本代表とフル代表の独自映像も!Youtubeのチャンネル登録をお願いします】