先日発表されたEURO2020に向けたスペイン代表メンバー24名。セルヒオ・ラモスが落選し、レアル・マドリーの選手が一人もいないという珍しいリストになった。

もちろん代表のメンバー選びをするに当たっては批判を受けることは避けられない。それぞれが思う最高の選手たちが存在するからだ。

今回『Marca』は人工知能技術を展開する企業『Olocip』との協力の上、AIによってスペイン代表のメンバーを選んでもらったという。

AIにスペインの選手の様々なデータを50種類組み込み、その中で評価を行ってEURO2020メンバーを選出したとのこと。ただGKについてはフィルタリングができず、フィールドプレーヤーのみのシミュレーションであるそうだ。

DF:

  • マリオ・エルモソ(アトレティコ・マドリー)
  • エメリク・ラポルト(マンチェスター・シティ)
  • パウ・トーレス(ビジャレアル)
  • セルヒオ・ラモス(レアル・マドリー)
  • ヘスス・ナバス(セビージャ)
  • セサル・アスピリクエタ(チェルシー)
  • ホセ・ルイス・ガヤ(バレンシア)
  • ジョルディ・アルバ(バルセロナ)

MF:

  • セルヒオ・ブスケツ(バルセロナ)
  • セルヒオ・カナレス(ベティス)
  • ダニ・パレホ(ビジャレアル)
  • ロドリ(マンチェスター・シティ)
  • コケ(アトレティコ・マドリー)
  • ファビアン・ルイス(ナポリ)
  • ティアゴ・アルカンタラ(リヴァプール)
  • マルコス・ジョレンテ(アトレティコ・マドリー)

FW:

  • ルイス・アルベルト(ラツィオ)
  • スソ(セビージャ)
  • ダニ・オルモ(RBライプツィヒ)
  • アダマ・トラオレ(ウォルヴァーハンプトン)
  • ミケル・オヤルサバル(レアル・ソシエダ)
  • ジェラール・モレノ(ビジャレアル)
  • イアゴ・アスパス(セルタ)

これはアクションの頻度やチャンスメイク、タックルなど数々の指標から導き出されたものだという。

この中でルイス・エンリケ監督が呼ばなかった選手はマリオ・エルモソ、セルヒオ・ラモス、ヘスス・ナバス、セルヒオ・カナレス、ダニ・パレホ、ルイス・アルベルト、スソ、イアゴ・アスパスの8名だ。

【写真】 プレミアの歴史上「最高のスペイン人」10名

逆に「ルイス・エンリケ監督が招集したがAIは呼ばなかった」のはエリック・ガルシア、ディエゴ・ジョレンテ、ペドリ、アルバロ・モラタ、フェラン・トーレス、そしてパブロ・サラビアの6名である。

ACLを観るならDAZN!1ヶ月無料登録はこちら