チェルシーに所属しているフランス代表FWオリヴィエ・ジルーが、イタリア・セリエAのミランへ移籍するようだ。

『Le Parisien』によれば、すでにこの両クラブの交渉は合意に達しており、ジルー本人も条件を受け入れているという。

すでにメディカルチェックの予定も組まれており、金曜日にミラノを訪れて検査を受けるとのこと。その結果を待って正式な契約が結ばれる見込みだ。

契約の期間は2023年6月30日までの2年間で、さらに1年延長のオプションがあるという。給与については年300万ユーロ(およそ3.9億円)になるそう。

移籍金についてはメディアによって差があるが、200万ユーロ(およそ2.6億円)、あるいは100万ユーロ(およそ1.3億円)になるそうだ。

【写真】アーセナルの「掘り出し物」選手、ベスト9

契約を結んだあとジルーは再び休暇に戻り、7月26日以降にミランのトレーニングに合流するという。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら