ついに開幕したUEFAチャンピオンズリーグ。バイエルン・ミュンヘンな敵地でのバルセロナ戦に0-3で完勝した。

バルサ史上最悪の天敵になっているトーマス・ミュラーのゴールで先制すると、ロベルト・レヴァンドフスキが2点を追加。レヴァンドフスキの1点目は、ポストに当たった味方のシュートのこぼれをダイレクトで蹴り込むという形だった。

「ごっつぁんゴール」にも思えるが、本人的にはそうではないようだ。試合後にこう解説していた。

ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルンFW)

「1点目のゴールを見て、簡単だと思ったかもしれなけれど…そうじゃない!

ああいうゴールは少し推測的なものだ。0.5秒でも間違えればミスしてしまう。

あれはストライカーがあるべき姿さ。得点への準備ができているということだ。

左側に相手選手がいて、何をすべきかを考える時間もスペースもあまりなかった。

自分がボールでやったこと以上にやれたことはない。

真っ先に反応して、いいタッチをして、ああいうゴールを狙うしかないことは分かっていた」

単なるラッキーゴールではなく、常に得点を奪う準備ができているストライカーの思考が詰まったシーンだと解説していたようだ。

【動画】香川真司、レヴァンドフスキへの優しすぎるアシストシーン

一方、バルサDFエリック・ガルシアは「このスコアはアンフェアだ。1点目は僕に当たっているし、2点目はポストに当たって、レヴァンドフスキのところに行った…(ただ)バイエルンは欧州最強かもしれない」とコメント。また、DFジェラール・ピケは「前半は拮抗していたが、2失点目が痛かった」とこぼしていた。

冨安!ロナウド!プレミア観るならDAZN、1ヶ月無料登録はこちら