レアル・マドリーのエースとして活躍を続けてきたカリム・ベンゼマ。

彼は右手にテーピングを巻いてプレーしている。クラブ公式によれば、その理由をこう説明したという。

カリム・ベンゼマ(レアル・マドリーFW)

「(指の怪我について)

手術を受けた時には2か月も離脱しなければならなかったんだ。自分はチームメイトたちのことを助けたかった。

また痛めてしまったけれど、一旦ストップして再手術をする時間はない。

だから、包帯を巻いてプレーしているんだ」

彼が指を骨折したのは2019年1月。再度痛めたものの、チームを救うためにそのままプレーしていると明かしていたようだ。

【動画】ロナウドがやった相棒ベンゼマへの優しすぎるアシストシーン

なぜベンゼマは右手に包帯を巻いているのか 本人が理由を説明

そんなベンゼマだが、今年9月の代表戦では包帯を巻かずにプレーしている。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら