今季はマジョルカにローン移籍している久保建英。先日は保有元のレアル・マドリー相手にスタメン出場し、軽い負傷のためにハーフタイムで交代するまでプレーした。

まだレアル・マドリーでは外国人枠の問題もあってプレーすることが出来ない状況であるにもかかわらず、現在契約の更新が検討されているとのこと。

【動画】レアル・マドリーに6-1で敗れてしまったマジョルカ。イ・ガンインが個人突破からゴールを決めた。

『El Larguero』によれば、レアル・マドリーは久保建英を将来のための投資と考えており、現在2024年まで結ばれている契約を更に延長したいと考えているそう。

また、報道によれば久保建英の側もそれに対して前向きであると考えられているそうだ。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら