エヴァートンからカタールのアル・ラーヤンに移籍したコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス。

カルロ・アンチェロッティ監督を追ってエヴァートンに加入したハメスだが、その恩師は1年でレアル・マドリーへと去っていた。

今季のハメスは1分もプレーしていないが、なぜエヴァートンは売却を1月まで待たなかったのか。ラファ・ベニテス監督は会見でこう説明した。

ラファエル・ベニテス(エヴァートン監督)

「ハメスの問題は非常に簡単かつ難しいものだ。

プレミアリーグがあり、エヴァートンがあり、開幕戦から最終節までインテンシティがあり、リーグ戦で50パーセントにしか起用できない選手がいる状況は簡単にマネージメントできないものだ。

自分たちのリソースを最大化する必要があるし、そういう状況だ。

必要な時にいいオファーを見つけるのは簡単なことではない。

それがある時にはそのオファーをマネージメントする必要がある。そういうタイミングだった。

それまでは適切なオファーがなかったし、(今回は)彼にとって適切なものだった。

彼も満足していたし、我々はそうせざるをえなかった。リソースを最大限に活用し、クラブの長期的な未来を守らなければいけないからね」

現在、エヴァートンはドミニク・カルヴァート=ルインとリシャルリソンが怪我で離脱している。ただ、クラブとハメス本人が満足できるオファーがあったので、このタイミングで売ったということのようだ(カタールの移籍市場は9月末まで開いている)。

【動画】吉田麻也のトラウマ…ハメス、日本代表をズタズタにした伝説ループ

なお、ハメスの契約には1月にPSGへ移籍できる条項があるとも伝えられている。

劇的勝利の豪州戦「裏チャンネル」でもう一度!DAZN、1ヶ月無料登録はこちら