レアル・マドリーとの契約が満了するウェールズ代表FWギャレス・ベイル。突如、ヘタフェへの移籍説が浮上していたが、本人がそれを否定した。

『Marca』によれば、ベイルは「ヘタフェでプレーするつもりはない、それは間違いない。W杯の前にプレーすることになるので、どこに行こうともウィンウィンなものになるはずさ」と述べたそう。

【関連】「サッカー史上、最も謎だった移籍TOP5」

ヘタフェはレアルと同じくマドリッドを本拠地としているが、近場への移籍はないとのこと。

【厳選Qoly】2024年Jリーグ、欧州から見た市場価値が最も高い日本人9人

南野がスーパーゴール!海外日本人選手の最新ゴールはこちら