2018年のロシアワールドカップの熱狂から4年が経とうとしている。

『Transfermarkt』で、2018年7月からの4年間で最も市場価値が上昇した選手を調べてみた。

10位 アルフォンソ・デイヴィス(バイエルン)

10位 アルフォンソ・デイヴィス(バイエルン)

現市場価値:7000万ユーロ(99億円)
当時市場価値:80万ユーロ(1.1億円)
上昇額:6920万ユーロ(97億円)

上昇率:8650%

21歳のカナダ代表。ガーナの難民キャンプで生まれ、カナダで育った。

弱冠15歳でMLSにデビューすると、17歳だった2018年夏にバイエルンに引き抜かれた(正式加入は翌年1月)。

バイエルンではやや燻りかけたが、ウィングから左サイドバックへのコンバートが大当たり。ブンデスでも最速レベルのスピードを武器に大ブレイクした。