昨季限りでアトレティコ・マドリーを契約満了で退団したウルグアイ代表FWルイス・スアレスが、今ボルシア・ドルトムントと接触しているという。

【動画】涙とともにアトレティコ・マドリーから送り出されるルイス・スアレス

『Sky』によれば、スアレスには今いくつかのクラブからオファーが舞い込んでいるとのことで、その中でも最も興味深いものがボルシア・ドルトムントからのものだそう。

ボルシア・ドルトムントは、FWセバスティアン・アレルが先日精巣ガンの診断を受けたために離脱。

その治療のためにどれだけの欠場になるか不明な状況にあり、ドルトムントの理事会はその穴を埋めるための補強が必要だと考えているそう。

そして、短期的にストライカーとして活躍してくれる存在として、ルイス・スアレスの獲得というプランを建てているようだ。

彼であれば1年契約での獲得が可能である上、移籍金を支払う必要もなく、ドルトムントが求めるプロファイルには合致している。

果たしてスアレスが初めてのドイツ・ブンデスリーガに挑戦することになるのだろうか。この後の動きにも注目が集まりそうだ。

なお、ドルトムントはこのあとDFBポカールの1860ミュンヘン戦を行い、8月6日にブンデスリーガ開幕を迎える。その相手は強豪レヴァークーゼンだ。