アトレティコ・マドリーを退団して無所属になっていたウルグアイ代表FWルイス・スアレス。

新天地はプロデビューした母国のナシオナルに決まった。

本人がSNS上のビデオメッセージで「とても興奮している。ナシオナルでふたたびプレーする可能性を拒むことはできなかった。クラブと事前合意した」と発表したのだ。また、数時間以内に詳細を詰めたうえで、最終的な合意に達することを願っているとも述べた。

【関連】敵なら悪魔…味方にしたら神!「世界最恐の愛憎スター5人」

当初はリーベル・プレートに移籍する見込みだったが、コパ・リベルタドーレスで敗退したことで可能性がなくなったとスアレス本人が認めている。