欧州主要リーグの移籍市場は残り1カ月ほどとなった。

ここまでの夏移籍市場で最も資金を費やしているチームはどこなのか。

『Globo』によれば、トップ10はこのような顔ぶれになるという。

1位 バルセロナ:1.53億ユーロ(208億円)
2位 バイエルン:1.375億ユーロ(187億円)
3位 アーセナル:1.32億ユーロ(179億円)
4位 マンチェスター・シティ:1.087億ユーロ(148億円)
5位 リーズ:1.086億ユーロ(147億円)
6位 トッテナム:1.019億ユーロ(138億円)
7位 チェルシー:9420万ユーロ(128億円)
8位 PSG:9150万ユーロ(124億円)
9位 ウェストハム:9090万ユーロ(123億円)
10位 ユヴェントス:8950万ユーロ(121億円)

なんと全体1位は財政難とされるバルセロナ。もうすでに200億円以上を投資しているとのこと。

ブラジル代表FWラフィーニャに5800万ユーロ(79億円)、フランス代表DFジュール・クンデに5000万ユーロ(68億円)、ポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキに4500万ユーロ(61億円)の移籍金を支払っている。

【関連】レヴァンドフスキも!史上最も移籍金が高額だった30代スター10人

ただ、ラ・リーガでは各クラブにサラリーキャップが定められており、バルサは現状のままでは彼らを登録できない。そのため、開幕までに給与総額を減らす必要がある。