この夏にマンチェスター・ユナイテッドからノッティンガム・フォレストにローン移籍したGKディーン・ヘンダーソン。

2020年にダビド・デヘアに代わる正GK候補としてユナイテッドに呼び戻されたが、昨季はわずか3試合の出場に留まった。

彼は『talkSPORT』でユナイテッドへの不満をぶちまけたそう。

ディーン・ヘンダーソン

「正直に言えば、自分のキャリアで最もつらい12か月だったかもしれない。

大変だったし、つらかった。今は立ち直ることができて本当に嬉しい。

EUROから離脱した際、(ユナイテッドの)正GKになるために戻ってくるという会話があったんだ。

新型コロナになった後、残念なことに彼らが自分に言ったことを誰も実行しなかった。

それも腹立たしかった。

夏にあった多くの良いローン移籍を断ったのはそれが理由だったし、彼らも僕を手放さなかったからね。

自分の年齢で12カ月も座ったまま無駄に過ごすなんて犯罪的だ。激怒したよ」

怪我のためにEUROを途中離脱した後、ユナイテッドからは正GKにするという話をされていたという。

【関連】最悪の形でチームを去った「喧嘩別れ移籍」の7人

だが、その約束は守られず、ベンチを温める続けることになったが、その状況に怒り狂っていたとか。