この夏にマンチェスター・ユナイテッドを退団し、古巣ユヴェントスに移籍したポール・ポグバ。

プレシーズンマッチで半月板を損傷したことで長期離脱の可能性に晒されている。

手術に踏み切った場合、最長で5か月の離脱が予想され、ワールドカップ出場も危うくなる。

ただ、『La Gazzetta dello Sport』によれば、ポグバは手術を回避し、保存療法を選択したとのこと。

専門医との話し合いの結果、長期離脱を避ける選択肢を選ぶことにしたという。

5週間で復帰できる可能性があり、最初の3週間はジムやプール、理学療法、最後の2週間はピッチでのセッションを行う。

【関連】2022年のW杯に出られなかった11名の輝かしいスーパースター

ポグバは早ければ9月11日のサレルニターナ戦で戻ってくるかもしれないとのこと。