今年末にカタールで行われるワールドカップの開幕まで100日を切った。

レアル・マドリーを率いるカルロ・アンチェロッティ監督が思う優勝候補はどこなのか。『Il Messaggero』のインタビューでこう話していたそう。

カルロ・アンチェロッティ(レアル・マドリー監督)

「ブラジルとフランスが最強チームだ。

あとは、アルゼンチンだね。常にメッシがいる。

スペインも大注目のチームだ。イングランドとドイツも。生まれ変わるプロセスを歩み出したチームたちだ」

ブラジル、フランス、アルゼンチン、スペイン、イングランド、ドイツを指名。スペインとドイツは日本代表とグループステージで対戦するチームだ。

【関連】日本代表、2022年にピークを迎えていなければならなかった10名

また、アンチェロッティ監督は、W杯後の選手たちのコンディションを懸念しており、大会後が本当の問題とも述べていた。