日本人選手4人が所属するセルティック。この夏に加入したアルゼンチン人DFアレクサンドロ・ベルナベイが警察に逮捕されていた。

21歳の彼は昨年行われたU-24日本代表との親善試合にも出場した左サイドバック。セルティックではかつて中村俊輔も背負った背番号25を託されたが、まだ新天地デビューは果たしていない。

そうしたなか、スコットランド警察は「8月15日、21歳の男を道交法違反で逮捕・起訴した。彼は後日に裁判所に出廷することと引き換えに釈放されている」と発表した。

『Daily Record』では、飲酒運転の可能性を指摘しているが、当局はそれについてのコメントは差し控えている。

【関連】「背番号25」だった過去が思い出せない5人のスターたち

関係者は「警官たちはベルナベイが誰なのか、彼に近づいた時には分からなかった。だが、身元が確認されると彼の逮捕は山火事のように拡散された。彼は逮捕されたことに動揺し、拘束されると告げられるとあまりよく思っていなかった。(セルティックが5-0で快勝したキルマーノック戦でベンチ入りして)チームとの良い一日を終えるのは悪いやり方だった」と話しているという。