PSGでプレーするアルゼンチン代表FWリオネル・メッシは、今年5月にサウジアラビアの観光大使に就任した。

『The Times』によれば、メッシはそのサウジで若者が死刑判決を受けた件に介入するように要請したという。

モハメド・アル・ファラージは15歳だった2017年にサウジ政府に対する犯罪容疑で逮捕され、17歳で死刑判決を言い渡されたが、家族は拷問による自白だと訴えている。

【関連】メッシも…2022年バロンドール候補から落選したベストイレブン

家族はメッシに対してこの件に介入してくれるように手紙を送ったそうで、メッシ側がこれに応じたようだ。