昨季のプレミアリーグで6位に終わったマンチェスター・ユナイテッド。

エリック・テンハフ新監督のもとで復活を目指しているが、開幕2連敗と最悪のスタートとなってしまった。

『Marca』によれば、危機的状況にあるユナイテッドは、レアル・マドリーのブラジル代表MFカゼミロの獲得を画策しているという。

オランダ代表MFフレンキー・デヨングの獲得が暗礁に乗り上げるなか、カゼミロを緊急補強のターゲットにしているとのこと。

【関連】ユナイテッドが「近年ガチで取り逃した」11名の超スター

ただ、30歳になったカゼミロとレアルとの契約は2025年まであるほか、カルロ・アンチェロッティ監督にとっても不可欠な存在。まだ正式なオファーはないというが…。