原口元気と同じくウニオン・ベルリンに所属する26歳のドイツ人DFティモ・バウムガルトル。

5月に精巣腫瘍の摘出手術を行った彼はその後の化学療法で髪が抜け落ちてしまった。

ただ、『DW』によれば、それでもユーモアを忘れていないそうで、「結局のところ、睾丸がひとつかふたつかなんて誰も気にしていない。ひとつのほうがいいこともあるよ…自転車に乗る時とかね」と話していたそう。また、「見た目は関係ない。髪がなくてもかわいくなれる」とも口にしていたとか。

この言葉に海外のファンたちは「最高のコメント!すばらしいね」、「(同じく精巣腫瘍と診断された)セバスティアン・アレルの手助けもしてくれるはず。トップガイだ」と反応していた。

【関連】「サッカー界の史上最強スキンヘッド選手11人」

なお、バウムガルトルはすでにチーム練習には復帰している。