26日に行われたUEFAチャンピオンズリーグのグループステージ第5節、トッテナム・ホットスパー対スポルティング・リスボン。

先発出場した日本代表MF守田英正は前半からボランチとして躍動的なプレーを見せていたが、後半に入ってしばらく経過したところで心配な場面も。

守勢に回っていた59分、ルーカス・モウラのドリブルに対応したあとに守田英正はピッチに倒れ込み、左のふくらはぎを押さえていた。

スポルティングはすぐさま交代を準備し、そのまま守田英正はピッチを去ることになった。

なお、試合はこの後トッテナム・ホットスパーが同点ゴールを奪取して1-1に。

さらにアディショナルタイムにはハリー・ケインがヘディングを決めて勝ち越したと思いきや、VARでの判定によりオフサイドに。

この判定に抗議を行ったアントニオ・コンテ監督にはレッドカードが提示され、退席処分となった。

【写真】守田英正加入のスポルティングで育った「世界的名選手」TOP10

試合はこのまま1-1で終了。スポルティングはこれで勝点7のまま、トッテナムは勝点8に。グループDは最終節を前にトッテナム8、スポルティング7、フランクフルト7、マルセイユ6という大混戦になった。